税務顧問サービス

税理士は、「税務に関する専門家」です。
税務申告の書類を作成したり、本人に代わって申告したり、税務相談に乗ったりします。

そんな税理士と契約する「税務顧問」は、どのようなメリットがあるのでしょうか?

税務監査

顧問契約を交わした税理士は、契約内容に応じてお客様の業務を監査します。
主には、お客様の税務・経理内容が適正であるよう、日々の会計伝票等の適法性・正確性をチェックし、指導を行います。

税務申告書は、間違いなく作成しなければなりません。
また経営戦略を定めるには、財務上の数字の正しい計算結果が必要になります。
税務・経理内容が適正であるということは、経営をしていく上で全ての基本となります。

決算申告

決算とは、一定期間の利益あるいは損失を算出し、事業の資産や負債を確定することです。
事業者は、決算で確定した損益に基づいて、法人税申告(個人事業の場合は確定申告)を1年に1回行う必要があります。
これらの決算業務・申告書の作成業務を、お客様に代わって行います。

税理士法人Jタックスでは、申告書の作成だけでなく、事前予測による決算前の対策をご提案いたします。

書類の作成

税務署等への各種届出書類の作成・提出を代行いたします。

税務相談

決算に関わる税務だけでなく、法人設立から事業承継・相続まで、経営上で生じた質問に応じます。

税務調査立会い

税務調査とは、税務署あるいは国税局が、事業者の税務申告の内容が適正なものであるかをチェックしに訪れるものです。
突然来て、書類を差し押さえられて、尋問のような取り調べを受ける…といった怖いイメージがありますが、それはほんの一部である「強制調査」のケースであり、ほとんどの場合は事前に日時の交渉がある「任意調査」が行われます。

税務調査では、経理内容の確認のために様々な質問を受けます。
税務顧問サービスでは、税理士・担当者がお客様に代わって、お客様の立場から 適切な説明・交渉を行います。
会計内容を適時確認していますから、調査官の質問にも的確に回答することができます。

また、税務調査をする必要のないくらい、税務署への提出書類を正確に作成することにも力を入れています。

お客様の良き相談相手として、税務・会計に関する業務の他、それぞれのお客様のニーズに対応したサービスを提供しています。